Let's be more curious.

マウスホイールの回転不良を直す方法

マウスホイールの修理

はじめに

この記事はマウス修理記事の第3段で、マウスホイールの空回りを直した経緯をまとめたものです。

同様の問題で困った方は参考にご覧下さい。


なぜこの記事を書いたのか

マウスホイールの空回りを修理したのは今から1年前ですが、特に需要がないだろうと思いブログにはアップしませんでした。


しかし、マウス修理のYouTube動画で、マウスホイール修理を失敗した残念なものを見かけたので、管理人が成功した方法を公開することにしました。


マウスホイールの修理方法

管理人が修理したマウスはロジクールのG703で、マウスホイールの不具合が多く報告されている機種です。



この製品のマウスホイール不良の原因は2つあり、1つ目はマウスホイールの回転を検出するロータリーエンコーダの不調と、2つ目はマウスホイールの軸折れによる空回りです。


ロータリーエンコーダの修理

ロータリーエンコーダの不調が原因だった場合は、同等品を購入し交換する方法があり、YouTubeでの修理解説記事が公開されてます。


但し、不調の原因は接点の接触不良や摩耗によるものが多いので、分解清掃することでお金をかけず無料で復活することができます。


この修理方法は「【修理解説】誰でも出来る、故障したマウスの復活方法」で解説してますので参考にご覧下さい。


ロジクールのG703の故障箇所

管理人が持っているロジクールのG703のカバーを開けて状態です。ぱっと見は異常はなさそうでした。

ロジクールのG703のカバーを開けた状態


しかし、マウスホイールの固定部分を更に分解して行くと、ロータリーエンコーダを回転させるマウスホイールの軸が折れ、折れた軸がロータリーエンコーダの穴に刺し残った状態でした。

マウスホイールの軸が折れている


この軸折れによりマウスホイールを回してもロータリーエンコーダが回転せず、スクロールできなかったのです。


マウスホイール軸折れの修理

ロジクールのG703はマウスホイールの軸折れが起きやすい製品なのか、交換部品がAmazonで入手できます。


これを注文して交換すれば、修理は簡単にできるのですが、2つリスクがあります。


1つは軸が曲がった不良品が送りつけられて来る可能性があり、Amazonのレビューでゴミが来たと最低の評価がいくつか散見されます。


もう1つのリスクは、形状が同じなので再度折れる可能性があり、ノーブランド品はより安価な材料を使っている可能性があり、耐久性に疑問が残ります。


そこで管理人は二度と折れないように、別の方法で修理することにしました。


使用するもの

クリップ、ピンバイス、ラジオペンチ、接着剤


クリップは家に転がっていた物ですがΦ0.8mmの標準品です。ピンバイスは100均で買ったものを使いました。ラジオペンチや接着剤は手持ちの物を使用したのでコスト0です。

クリップ


ピンバイス


修理手順

それではマウスホイールの軸の修理手順について詳しく説明します。


回転軸の製作

マウスホイールの六角形の回転軸が折れているので、クリップを加工し新しい軸を作ります。


ラジオペンチを使ってクリップを12mm~15mmの適当な長さに切断します。クリップの2/3をU字に折り曲げ、残り1/3を折り合わせた中心と一直線になるよう曲げます。

クリップをU字に折り曲げ



ロータリーエンコーダの六角穴の対面幅は2mmなので、U字に折り曲げた部分の幅はこれより少し大きい2.1~2.2mmになるような加工が必要です。

クリップの折り曲げ


と言っても2.1~2.2mmに合わせるのは大変なので、六角穴にクリップを差し込んで空回りしなければOKです。


マウスホイールに軸穴を掘る

クリップの軸を固定するためにマウスホイールの折れた軸に穴を開けます。


クリップの軸経がΦ0.8なので、直径Φ0.8mmのドリルで穴を開けたいところですが、手持ちに同じ経のドリルがありませんでした。0.1mm芯ズレする可能性がありますが、管理人は直径Φ1mmのピンバイスで軸穴を開けました。

マウスホイールに軸穴を掘る


マウスホイールにクリップ軸を接着

100均で買ったエポキシ接着剤でクリップ軸をマウスホイールに挿し込み接着剤で固めました。

マウスホイールにクリップ軸を接着



ロータリーエンコーダにマウスホイールを装着

ロータリーエンコーダの六角穴の対角中心にマウスホイールのクリップ軸を挿入し、修理は完了です。

ロータリーエンコーダにマウスホイールを装着



若干偏芯しているためか、マウスホイールを回す時の抵抗が少し大きくなりましたが、実使用上は問題ないレベルなので良しとしました。

G703の修理完了



まとめ

管理人が説明したマウスホイールの軸折れの修理方法はベストな方法ではありませんが、余っているクリップを再利用して気軽に修理できます。


手先が器用な方はチャレンジしてみては如何でしょうか。


気軽に足跡残してね!

この記事が「気になった・参考になった」と感じた方は、リアクションボタンか、ツイッターで♡いいねを押して、足跡を残して頂けると嬉しいです。

https://t.co/iEXeBO5h4M

ロジクールのゲーミングマウス G703のマウスホイール回転不良を直す方法を記事にまとめてみました。

類似機種で同様の故障で困っている方は参考にご覧下さい。#マウス修理 #マウスホイール #Blogger

— あトん🤖Web CodingとAV好きなブログラマー (@HeavyPeat) January 21, 2024

それでは今回の記事はこれでおしまい。

Next Post Previous Post
No Comment
Please Enter Comments in Light mode
comment url