vier

Let's be more curious.

PCモニターの内蔵スピーカーの音をワンランク良くする方法

モニター

はじめに

管理人が使っている4Kモニターは、MaxxAudio®を採用し5W+5Wの内蔵スピーカーを搭載したLGの27UL850-Wです。

臨場感あふれるサウンドと謳っていたので、わざわざスピーカー内蔵のこのモニターを買ったのですが、音が酷くガッカリしました。

そんな時はPC専用のスピーカー又はサウンドバーを追加することで不満は緩和されるのですが、音に凄くこだわってなければ、そこまでお金をかけようとは、なかなか思わないのです。


そうかと言って、300円のUSBミニスピーカーを付けるとUSBポートが2つも占有される上手くありません。

USBミニスピーカー


今回の記事はPCモニターの内蔵スピーカーに対するプチ不満をDIYで楽しく解消できたので、備忘録として記事にまとめてみました。


数百円の費用で内蔵スピーカーをワンランク良くできるので、興味がある方は遊びがてらDIYしてみて下さい。


なぜ酷い音なのか

モニターのフレーム薄型化に伴い、内蔵スピーカーも小型化され、低音や高音が出ないのは致し方ないのですが、デザイン優先でスピーカーが下向きに配置されている場合があります。

この場合、音は机に反射し拡散し伝搬するのですが、真下に反射させると背面にも音が逃げ、これが壁とモニターの間で反射を繰り返し聞こえる為、音が定位せずこもった感じになるのです。

音の反射



解決方法

方法は2つあります。

対策1 音の反射を減らす

背面に回り込み反射する音を減らせば、音のこもりは少なくなります。どうやるかですが、モニターの背面側に吸音材を置くか、モニターを壁から十分に離せばよいです。

しかし、そんなスペースは無いかも知れません。

そもそも吸音材を使うのはPCオーディオをやっている方だと思いますが、そのような方は、高価なPC専用のスピーカーを持っているからモニターの内蔵スピーカーは使わないと思います。


対策2 音の進行方向を変える

スピーカーから出た音を正面方向に反射させるのです。

内蔵スピーカーの下に上手く反射板を取り付けることが出来れば、前向きスピーカーと同等の効果を得ることが可能になると思います。

音の反射板



反射板の作り方

身近に手に入る物で作ってみました。


用意する材料

紙管

紙管は廃棄予定のロール材の芯を再利用しました。

紙管


プラスチックシート

100円ショップで厚み0.3mmのポリプロピレン製のシートを購入しました。

ポリプロピレン製のシート


リメイクシート

紙がむき出しだと見た目がプアなので、100円ショップでリメイクシートを購入しました。

リメイクシート


両面テープ

幅広の比較的接着強度が高いものであればOKです。


製作手順

加工方法を簡単に解説します。


紙筒のカット

 カッターで半分にカットします。

カッターで半分にカット


紙筒のカーブ修正

 きついカーブを緩いカーブに修正します。紙がぶ厚い場合は、板でサンドイッチしクランプで締め付けて、カーブを伸ばして矯正します。

板でサンドイッチしクランプ


ブラスチックシートの接着

 半円状の紙筒を連結し、紙管の表面に両面テープを貼り、ブラスチックシートを貼付けます。

ブラスチックシートの接着



リメイクシートの貼付け

 仕上げにリメイクシートを紙管の裏側に貼ります。幅が長いとシワが出来やすいので、3当分し、3回に分けて貼りました。

リメイクシートの貼付け


反射板の固定

モニターの背面下部にスピーカーの開口部が見えます。

モニターの背面

この開口部の上の平面に両面テープを全域貼り、その上に反射板を固定します。

反射板を固定

正面の開口の幅は指が2本入る程度にしました。

正面の開口



反射板を追加したモニターの完成


正面から見た反射板

正面から見た反射板

真横から見た反射板

真横から見た反射板

ほぼ設計通りの形に取り付けることができました。パチパチ。👏


反射板の効果

反射板を付けた効果は予想以上でした。

音のこもりは完全になくなり、クリアに聴こえるようになりました。

やっと真面な音になったという感じです。

もう反射板無しの状態には戻せないですね。


まとめ

内蔵スピーカーが下向きのモニターに反射板を取付けることで、音がクリアになり、ワンラク良くなりました。

また、反射板は画面の横幅までカバーしているので、音が後ろに回り込む量を減らすことができ、MaxxAudio ONでは広告通り臨場感あふれるサウンドに変わりました。


気軽に足跡残してね!

この記事が「気になった・参考になった」と感じた方は、リアクションボタンか、ツイッターで♡いいねを押して、足跡を残して頂けると嬉しいです。


それでは今回の記事はこれでおしまい。

Next Post Previous Post
No Comment
Please Enter Comments in Light mode
comment url