-->

Click

【あなたのブログは大丈夫?】Googleフォト容量無制限廃止について

2020/11/15

Blog Google


はじめに

2020年11月11日にGoogleはGoogleフォト容量無制限廃止に移行すると発表を行い、悲報や悲鳴がネットを飛びかってました。


Googleフォトヘルプを見ると下記が表示されてます。

現在、10 億人以上のユーザーが毎週 280 億枚もの写真を Google フォトにバックアップしています。
今後もより多くの写真を余裕をもって安全に保管していただけるよう、このたびストレージ ポリシーを変更することになりました。
詳細をこちらからご覧いただくか、ブログ記事をお読みください。


「Googleフォト」には現在4兆枚以上写真が保存され、Gmail、ドライブ、写真全体で毎日430万GB以上が追加されているとのことです。

1人当たりで計算すると、写真は約4000枚保存されていて、毎週28枚写真をバックアップしており、毎年1344枚増加していることになります。

また、毎日4.3MB使用しているので、年約1.6GB以上使っている計算になります。

1企業でこれだけの量のデータを無料で維持管理するのは限界が来たということですね。

またYouTubeとは違い「Googleフォト」は広告が表示されないのでGoogleの利益に直接貢献してません。

「Googleフォト」が新しい価値を創造できないのであれば、有料化は致し方ないと思われます。

それではGoogleフォト容量無制限廃止の計画について、簡単に触れたいと思います。


Googleフォト容量無制限廃止

現在「Googleフォト」の高画質保存は保存容量にカウントされず、2021年5月31日までは容量無制限で利用できます。

しかし、Google アカウントのストレージポリシーが変更されたため、2021年6月1日以降にアップロードされたものは保存容量にカウントされることになってしまいました。

そして無料の15GB上限に達した後は、Google Oneのサブスクリプションに申込み購入しないとGoogleアカウント自体が継続利用できなくなるのです。


この発表を聞いて一番驚いたのは、スマホで高解像度写真をバンバン撮っているユーザではないでしょうか。



スマホのストレージはすぐ容量が一杯になるので、無料の「Googleフォト」にバックアップ保存しているユーザが多いと思います。

あと半年で無制限の利用が廃止となるので落胆されている方が多いと思います。

サブスクリプションは100GB:250円/月、200GB:380円/月、2TB:1300円/月の3つのプランがありますが、インスタ映えを気にするヘビーユーザは200GBでは足りないでしょう。


一方、アマゾンプライム会員なら月500円で「Amazon Photos」で無制限で写真を保存できるので「Googleフォト」から乗り換えが多く発生すると思います。


「Googleフォト」は容量超過後サブスクリプション契約を行わないと2年で削除されますが、「Amazon Photos」は退会後も写真が削除されることはありません。

AmazonはGoogleがアマゾンプライム会員増加を後押しする構図になっているので、笑いが止まらないのでは、と想像してます。


なお、管理人は設定変更や設定ミスで突然見れなくなったり、サーバ管理者の手続きミスやランサムウェア感染で使用できなくなるかも知れないクラウドは、大きなリスクがあると考えてます。

従って、大事なデータは必ずローカルにもバックアップを取ってます。


ブログの画像は大丈夫なのか

そうは言っても、管理人はブログの画像はGoogleフォトを使ってました。

どれくらい使用しているかGoogle Oneのストレージで確認したところ、Googleフォトは0GBでした。



ブログの記事は100未満ですが、Googleフォトには大小合わせると約2000枚画像を保存してます。

使用量が0GBになっているのは、高画質で保存しているからカウントされてないのです。

なお、ブログで使用する画像は圧縮し1枚100KB未満にしているので、総量は実質200MB未満です。


このペースだと15GBを使い切るには7.5万以上記事書く必要がありますが絶対不可能ですね。

なぜなら毎月3記事程度しか更新してないので15GBを使い切る使い切るには2083年かかり、気が狂ったように毎月100記事書いたとしても62.5年以上かかります。

更に画像の圧縮を止め、1枚500KBに増やしたとしても62.5年→12.5年かかります。


以上の机上計算より、ブログでGoogleフォトの15GB容量を使い切ることは不可能なので、Googleのサービスが終了するまでは安心して利用できると言えます。


Bloggerユーザは少しお得?

以上は一般的なお話でしたが、Bloggerユーザは少しお得な利用が可能です。


お得その1

Bloggerヘルプのブログ投稿に画像を追加するを見ると、Bloggerでは写真の高さまたは幅が 2,048px(ピクセル)以下、または長さが15分以下の動画は保存容量の上限にはカウントされないのです。

従って、画像幅が2,048ピクセル以下のFHD(Full-HD)2K、WUXGA (Wide Ultra-XGA)、QXGA (Quad XGA)は圧縮せず元画像をそのまま容量無制限にアップできるのです。

4Kの動画も15分以下であれば容量無制限でBloggerにアップできるのです。

フォトブログや動画ブログを運営されている方は、「Googleフォト」の設定は元のサイズに設定し、Bloggerを利用した方がキレイな写真や動画を公開できるのではと思います。



但し、この例外は2021年5月31日で終了となる可能性があります。


お得その2

Google Oneヘルプ Google ストレージの仕組みに関する今後の変更のよくある質問を見ると、微妙なことが書かれてました。



保存容量が対象外なのか、保存容量を超過した場合なのか、分かりにくいのですが、恐らく保存容量を超過しても、Bloggerのコンテンツは削除されない、という意味だと思われます。

従って、Bloggerユーザはブログの画像はGoogleフォトにアップロードした画像を貼り付けるのではなく、Bloggerでパソコンからアップロードし、Bloggerのアルバムに保存するのが安全な使い方だと思います。


まとめ

ブログでの「Googleフォト」利用はGoogleフォト容量無制限が廃止されても、実質影響はないことが分かりました。

また、Bloggerユーザは、少しお得なサービスを利用でき、優遇されていることも確認できました。


気軽に足跡残してね!

この記事が「気になった・参考になった」と感じた方は、リアクションボタンか、ツイッターで♡いいねを押して、足跡を残して頂けると嬉しいです。

それでは今回の記事はこれでおしまい。

Advertisements

Author

自分の写真
このブログのヒーローヘッダーは「きれいなお姉さん」がブラウザのアクセプト比に合わせてランダムに表示されます。
\ Follow me! /

Follower

Labels

PC (8) Internet (7) Blog (6) Windows10 (6) Repair (5) WebDesign (5) YouTube (5) Blogger (4) hatenablog (4) CSS (3) Cooking (3) Review (3) SEO (3) Domain (2) GitHub (2) HDD (2) HTTPS (2) JavaScript (2) MFI (2) Node.js (2) Anime (1) Beer (1) Browsersync (1) Coding (1) Customize (1) Editor (1) Git (1) Google (1) Monitor (1) New Year (1) Nomad Code (1) Smart Watch (1) Twitter (1) iPhone (1) nodist (1)

Sponsored Links

QooQ